運転する場所と頻度

本来、自動車免許は主に運転するであろう都市の教習所に通うのがよろしいでしょう。交通量や車の流れというのは、各都市によって違いがあります。例えば東京は1日を通し渋滞が多く、車の流れというのはスムーズではありません。それに比べ地方は渋滞は通勤時間帯くらいであり、交通の流れはスムーズです。失効した人を除くと、教習所に通う人は初めて車の運転を行う人たちが通うもので、車にも慣れていません。免許を取得して長年乗っている人であっても地方のかたが、交通量の違う都会では車の運転は難しいものがあります。要は“慣れ”なのです。初心者(教習所)のうちに、都会の交通に慣れておけば、その都市での運転はできるようになるのです。この原則は逆の場合にもいえます。都会の人が地方にきて車を乗ると、流れの違いにとまどってしまうのです。

しかしこれはあくまで常に車を使用する人に限ってのことです。週末しか運転しない。必要なときにレンタカーやカーシェアを利用する人など、車は必ずしも必須アイテムではありません。そのようなかたは、混雑している教習所に入校するより、空いている地方の合宿免許を利用したほうが時間も短く、安価で免許を取得することが可能です。