合宿に向かない人?

前項の最後に示したように、合宿免許は教習所選びのポイントである取得までの時間と価格と二つの要因を兼ね備えた非常に優れたものでもあります。ですがこれを選ぶことができない人も存在します。それは合宿できない人です。免許は年齢(18歳以上)、男女の区別なく取得することが可能です。そのため学生、社会人、無職(定年後、就活中)などの区別なく取ることが可能です。ですが社会人の中には、業務の変更や会社命令などにより免許を取得しなければいけない人なども存在します。そのような人たちの中には、仕事を行いながら教習所に通う人も存在し、そのために教習所は夜間の授業があり、また教習期間も長めにとっているのです。なにより社会人は長期休暇を取ることが難しいのが実情なのです。

では家を空けることが少ない主婦のかたはどうでしょうか?子供が小さいと難しいと考えがちですが、就学中でもなければ教習所によっては可能だといえます。保育設備が整った教習所というのは存在しています。すべての教習所がそうだとはいえませんが、ママに優しい教習所や合宿免許はありますので、安心して免許を取得することが可能です。またどうせ家を空けるのですから、リゾート感覚の合宿所も存在しますので、そちらで探してみるのもまたよろしいのではないのでしょうか?